ビオトープを初めて作る方のためにビオトープの事について紹介しています。

杜若園芸 とじゃくえんげい ユーチューブチャンネル
杜若園芸(とじゃくえんげい)公式フェイスブック 杜若園芸 公式Twitter 杜若園芸 公式Instagram JOYO産業まつり 出店します 杜若園芸 とじゃくえんげい 直売店情報
杜若園芸 とじゃくえんげい 蓮化粧品

杜若園芸(とじゃくえんげい)の農場長が有機肥料を使用し、低農薬で栽培した安心安全のおいしい京都産の野菜 里芋(サトイモ)などを
数量限定・送料無料で販売(通販)しています。
杜若園芸 とじゃくえんげい かわいいもの大集合 杜若園芸 とじゃくえんげい 信楽焼〜土と炎が生み出す芸術品〜

杜若園芸 とじゃくえんげい 情報をいち早くお届けします! メールマガジン
○営業日カレンダー
杜若園芸 とじゃくえんげい 営業日カレンダー 

杜若園芸 とじゃくえんげい 営業日カレンダー 

赤字
の日は出荷をお休みさせていただいております。
ご注文は承っております!

営業日
平日 9:00 〜 17:00
休日 土・日・祝

(直売所は土・日・祝も開店しております。
9:30〜16:30)

出荷について
商品の発送はご注文をお受けしてから、最短で2日目以降となります。
※尚、在庫状況により発送に時間を頂く場合がございます。
※一部の鉢と苗は別倉庫管理となっておりますので、同梱できない場合がございます。予めご了承ください。

商品一覧 > 初めての方にも簡単やさしい!ビオトープを始めよう!

メダカビオトープ

メダカビオトープは小さな自然を簡単にに楽しむことが出来ます。
このページは初めてメダカビオトープを始めようと思う方に向けてページを作成しました。
ぜひ、ご自身の手で自分だけのオリジナルメダカビオトープを作り、ビオトープライフを楽しみましょう!

【2016年4月29日:杜若園芸スタッフがビオトープをつくってみました。】

メダカビオトープとは?
 ビオトープとは、小さな鉢の中で小さな生態系をつくることをいいます。
 生命:ビオ(BIO)+場所:トープ(tope)を合わせた造語であり、人が手を加えなくても
 その鉢の中で、生態系ができているので、カンタンに自然の風景を楽しむことが出来ます。
 また、広めの鉢ならメダカも飼育することができ、メダカビオトープとしての楽しみもあります。
メダカビオトープのイメージ写真 メダカビオトープのイメージ写真
メダカビオトープにおける各役割
メダカビオトープにおける各役割の図
届いてすぐに始められる!ビオトープ簡単セットのご購入はこちら

メダカビオトープとメダカアクアリウム 
 メダカを飼うといって思いつくのはメダカビオトープかメダカアクアリウムではないでしょうか。
 ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。
メダカビオトープ メダカビオトープ

 メリット○
 生態系ができあがっていればほぼ手を加えずに
 栽培・飼育が出来ます。日当りが良ければ様々な
 水生植物を楽しめます。(向いているのは浮遊・浮葉・
 抽水植物です。
 確認は各商品ページの分類をご覧ください。)

 デメリット×
 冬は植物が休眠期に入り、メダカも冬眠してしまい
 ます。

 →冬眠シリーズなら完全に沈めれば冬でも緑を
  楽しめ、メダカの冬眠を助けます!
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカアクアリウム

 メリット○
 室内でもメダカを楽しめます。暖かい室内なら冬でも
 メダカが泳ぎ回ってくれます。


 デメリット×
 人工的な飼育方法なので、様々な道具が必要に
 なります。また、栽培できる植物も限られてしまいます。
メダカアクアリウム

杜若園芸では、メダカが泳ぎ回る姿をを1年通して楽しみたいお客様へとあるご提案をしております。

それは、春〜夏はビオトープの中で楽しみ、
秋〜冬は室内水槽にメダカを移して鑑賞する
というものです。
この方法だと冬になってメダカが冬眠して動かない!つまらない!
ということが無く、年間を通じて楽しむことが出来ます。
メダカビオトープの商品はこちら
メダカ水槽はこちら  
メダカの関連商品はこちら

メダカビオトープの材料と作り方
 1つ置いておくだけでも癒しの空間が広がるメダカビオトープ。
 でも何を揃えればいいのかわからない…。という方のために、メダカビオトープに必要な材料と
 メダカビオトープの作り方を紹介します。
メダカビオトープの材料
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 水鉢


プラスチックや陶器でよく販売されていますのでお好きなものを選びます。
選ぶ際は高さより直径が長い水鉢を選びます。
水鉢の購入はこちら
・スイレンを育てる場合は直径40cm以上の
鉢を選びましょう。
水抜き穴が空いているメダカ鉢だと雨が
降った時に水が抜けるので、メダカの流出
を防ぎ安心です。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 水草


浮遊・浮葉・抽水植物から育てたい植物を組み合わせます。
初めての方には沈めるだけの簡単寄せ植えがおすすめ!
寄せ植えの購入はこちら
浮き草を入れるとメダカの産卵床にもなります。
ホテイソウアマゾンフロッグピットマツモなど)

植物の購入ははこちら   
メダカの産卵におすすめの浮き草セットはこちら

肥料を与えるとさらに生育が良くなります。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 底土


底土を入れることで、ビオトープに必要なバクテリアが済みつき、水をキレイにする働きがあります。
水質浄化アイテムの購入はこちら
当店の人気商品である水質浄化石・土
使用すると水をよりキレイに保つことが出来ます。
(浄化効果に違いはないので、好みや雰囲気に
合わせて選びましょう)
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカ


メダカが入ることにより、ボウフラなどの虫を食べてくれます。また、排せつ物が植物の栄養にもなります。

メダカの購入はこちら
メダカには原種の黒メダカをはじめとした
様々な品種が出回っています。
カラーも豊富なので、好きなメダカを
育てるのも楽しみの一つになります。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 ヒメタニシ・オオタニシ


ビオトープの水鉢に入れておくと、コケを食べてくれます。メダカも襲わず、水草も食害しないため、非常に人気のあるお掃除屋さんです。
ヒメタニシの購入はこちら
オオタニシの購入はこちら

・タニシはビオトープが完成したときに
入れるとコケ予防になります。
・タニシはひっくり返ると自力で戻るのは
難しいです。ひっくリ返っているのを
見つけたら戻してあげましょう。

その他あるといい物
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 ゴロタ石

 メダカビオトープに入れると自然な
 風合いを演出するだけでなく、実は
 メダカの隠れ家にもなります。
 ゴロタ石の購入はこちら
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカビオトープにおすすめ!水鉢 水生植物植え替えセット

 大きく育った植物を植え替えたり、
 自分で寄せ植えをつくるのに適した
 お値打ちセットです!
 水生植物植え替えセットの購入はこ ちら
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 流木

 メダカビオトープには欠かせない
 素材のひとつです。
 ひとつとして同じ形が無いため、
 自分のお気に入りを探してビオ
 トープに使うのもオススメです。
 流木の購入はこちら
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカ喜ぶ メダカを育てる水

メダカ喜ぶ メダカを育てる水を使えば、一瞬でメダカビオトープに適した水を作ることができます。
 メダカ喜ぶ メダカを育てる水の購入はこちら
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカのエサ

 メダカビオトープの楽しみにエサやり
 があります。水を汚しにくいタイプや、
 赤ちゃん用のエサなどがあります
 ので、用途に合わせて選びましょう。
 メダカのエサの購入はこちら

メダカビオトープに必要な材料はすべて

当店でそろえることが出来ます!


簡単に始められるメダカビオトープセットもご用意しています。届いたその日からすぐに始められます




メダカビオトープの作り方

@水鉢に底土を敷きます。
 (画像では水質浄化石を使用しております。)
 底土があることにより、自然環境が
 再現され、メダカがリラックスできます。
 底から約5cmほど敷き詰めるのがおすすめです。
 底土の上に寄せ植えをした植物を配置します。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 A次にゴロタ石を置きます。
 ツルツルした石と違い、違和感なくメダカビオトープや
 アレンジに馴染みます。
 石を置いた瞬間、ビオトープならではの自然の雰囲気
 が生まれるので、石はメダカビオトープ水鉢づくりの
 中でも重要なアイテムです。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
Bここで水を静かに入れ、流木を良い位置に
 置きます。
 流木を入れるだけでセンスの良いメダカビオトープ
 水鉢に仕上がります。
 浮き草を浮かべます。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 C全て配置し終わったら、良い雰囲気のメダカビオ
 トープにするため、位置の微調整をします。



メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカビオトープにおすすめ!水鉢
メダカビオトープにおすすめ!水鉢
D メダカを入れる前に、水鉢の水をカルキ抜きし
 (「メダカ喜ぶ メダカを育てる水」を使用するとすぐにカルキが
 抜けます)、水合わせをして、水温を合わせてから
 水鉢の中に放ちます。
 水換えをする時は、汲み置きしたカルキが抜けた
 水を入れてあげます。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢  ★これでメダカビオトープの完成です!★
 出来たメダカビオトープは日当りのいい場所に置き
 ましょう。
 メダカも色が鮮やかになり、植物も元気に育ちます。
 ※ただし、水温が上がりすぎる場合は涼しい場所に
 移しましょう。
メダカビオトープにおすすめ!水鉢 メダカビオトープにおすすめ!水鉢

メダカビオトープのメダカについて
 メダカビオトープの主役でもあるメダカは、大人になっても4cmほどにしかならない小さな魚です。
 丈夫で、一つの鉢でたくさん飼わなければエアレーション(酸素供給器)といった特別な道具も必要ありません。
 春には卵を産み、子供を育てていく楽しさもメダカならではでしょう。
 そんなメダカですが、ビオトープではどのように育てるのかを紹介します。
 (「メダカの飼い方」という情報ページもございます。是非合わせてご覧ください。)

メダカビオトープ メダカの水合わせ

 メダカを買ってきたらまず「水合わせ」を行います。
 水合わせをすることによってメダカの環境変化によるストレスを減らし、生存率が高まります。
メダカビオトープ メダカの水合わせ

メダカビオトープ エサについて

 メダカは雑食性でボウフラなどと食べて過ごすため、基本餌を与えなくて大丈夫です。
 ※水鉢が広く、メダカの数が少ない状態などの条件があります。メダカの様子を見て与えた方が
 いいか決めて下さい。
 
 ですがエサやりをするのも楽しみの一つなので、もしエサを与える場合は1日1回5分程で食べきれる量を
 与えましょう。
 完成して間もないメダカビオトープはエサとなる微生物や虫がいないため、1週間から1ヵ月ほどエサを与えます。
 注意:エサを与えすぎると水質悪化や苔の大量発生の原因となります。1回5分以内に食べきれる量にしましょう。

メダカビオトープ 産卵について

 メダカは暖かくなった春〜夏に透明な卵を産み付けます。(産卵する水温20〜30℃)
 メダカが卵を産み付けるためにはビオトープにマツモホテイアオイアマゾンフロッグピットといった根が長い
 浮草を浮かべます。
 卵を見つけたらすぐに浮き草ごと親とは別の水鉢に移し替えます。そのままだと親メダカ達に食べられて
 しまうからです。
 隠れ家として、卵を入れた水鉢にも水草や浮き草を入れましょう。
 赤ちゃんメダカは大人のメダカと同じ餌では大きすぎて食べることが出来ません。
 赤ちゃん用のエサを与えます。(こちらから購入できます。
 1cm位まで成長したら親のいる水鉢に移しても大丈夫です。
 産卵におすすめの商品はこちら

メダカビオトープ 卵←メダカの卵。白く濁っているものはふ化しないので、取り除きましょう。

メダカビオトープ 冬眠

 冬になり、気温が下がるとメダカも冬眠を始め、底でじっと動かなくなります。
 そのような状態になったらエサやりを止めて、常緑の植物を入れて越冬させましょう。
 冬眠におすすめの商品こちら
 もし冬も元気に泳ぐ姿が見たいという事なら、室内で水槽飼育をすることもできます。
 その際は、ビオトープからアクアリウムへ移す前にしっかりと水合わせをおこない、
 メダカに負担がかからないようにしましょう。
 メダカアクアリウムに必要な道具も当店で購入することが出来ます。

 

メダカビオトープに関する質問
 本来ビオトープは基本手を加える必要はありません。
 しかし、環境によってはお手入れが必要となりますので、よくいただくご質問を紹介します。


 水が減ってきました。
 →雨が入らない場所や暑い日には水が減るので、その時は水を足します。(メダカがいる場合は
   カルキ抜きした水を使用します。カルキ抜きに便利な商品はこちらから購入できます。)

 コケや藻が出てました。
 →コケ・藻が出るのは多少は仕方がないことですが、主な原因は、日当たりが非常によい・肥料の与えすぎ
  または養分が水に溶けだしているということがあります。改善すると少なくなる可能性があります。
  藻が出た時の掃除方法はは、割りばしなどを使ってくるくると巻きつけると取り除くことができます。
  また、タニシなどのコケを食べる生き物を入れるのも有効な方法です。
  タニシの購入はこちら

 飼っていないはずの巻貝が出てました。
 →水草を購入した際に卵が付いていた可能性があります。
  巻貝のの卵は、ジェル状の塊の中に沢山つぶつぶが入っています。
  出てきた巻貝は、メダカ達を襲う事はないですが、繁殖力が強く気が付くと景観を損なうほどに増えている
  ことも多いです。
  卵や貝を見つけ次第取り除きましょう。

 メダカがいるのに植物の肥料を入れて大丈夫ですか?
 
使用する肥料によって変わるので一概に大丈夫とは言い切れませんが、当店で販売している
  肥料では、当店で飼育しているメダカが死んだことはございません。
  (当社農場にて使用している化成肥料

  
肥料を与える際は、植物を植えている土の中にしっかりと埋め込み、水に肥料が溶け出さない
  ようにします。
  それでも心配な場合は一度メダカを別の容器に避難させて1日〜1週間ほど経ってから戻して
  あげましょう。


 植物の肥料はいつ与えればいいですか?
 →肥料は生育期にあたる4-9月に約月1の頻度で与えます。
  (各植物の商品ページに施肥の期間を記載しております。是非参考にしてください。
  17cmカゴで約4−5粒が目安ですが植物や状態によって変わりますので、毎日世話をして様子を
  見ながら与えるのが一番です。
  また、ほとんどの水草は冬になると休眠期に入るので10月以降は肥料を控えましょう。   
  肥料の購入はこちら
   
 秋になったら水草が枯れてきました。冬の間はどうすればいいでしょうか?

 →多年草の水草は冬になると休眠期に入り、地上部が枯れた状態になります。
  枯れた葉を切り、水を溜めたまま越冬させましょう。春にはまた芽吹き成長をし始めます。
  ※1部の植物は冬でも水中に完全に沈めれば水中葉という水中用の葉に変化し、常緑のまま冬を越せる
  植物もいます。
  ※寒さに弱く室内でないと越冬できない植物や、1年で枯れてしまう植物もあります。
  詳しくは各植物の商品ページでご確認下さい

 メダカを水槽に移す時の注意点はありますか?
 →外から室内へ移すとき、一番気を付ける点は水温の変化です。メダカをはじめとする生き物は水温に
  差がありすぎると弱ってしまい最悪の場合死んでしまいます。水合わせをしっかり行い、負担を
  最小限かけないように気を付けて移しましょう。
  また、水槽の水もカルキ抜きをした水を使用しましょう。

 植物がすごく成長をして鉢が根でいっぱいになっています。

 →1シーズンが終わると、元気に成長をした植物たちは根をたくさん張って鉢の中が根でいっぱいに
  なってしまいます。
  そのままでいると、生育が悪くなりますので、春先に株分け、もしくは鉢増しを行ってください。
  (株分けの方法はこちらをご参考にしてください。


ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さいますようお願い致します。
TEL:0774-55-7977
Mail:info@akb.jp