ハスやスイレン、カキツバタ、メダカの為の水草など300種類以上の水生植物を生産販売しております。

水生植物専門 カキツバタ ハス スイレン 水草 生産 販売 杜若園芸 京都の水で大切に育てた水生植物をお届けいたします。

農林水産大臣賞 受賞 京都府知事賞 受賞 首相官邸庭園水辺監修
京都迎賓館水生植物施工管理 全国農業コンクール名誉賞 受賞
お気軽にお電話下さい
お電話でもご注文を受け付けております。 
☎ 0774-55-7977
平日 9:00~17:00 (土日祝を除く)
 
杜若園芸 直売店 お買い物に関するQ&A よくあるご質問 水生植物Q&A

商品キーワード検索


商品一覧



水生植物のすべてがわかる!水生植物ビオトープの教科書 小さなウォーターガーデニング youtube おすすめ情報や育て方 メールマガジン Instagram インスタグラム facebook フェイスブック ときどき更新!twitter ツイッター

■WEBショップ営業日
平日 9:00~17:00
(インターネット注文は 24時間受付)

■出荷定休日
土・日・祝
(臨時休業あり)
生産直売店は土・日・祝も 開店しております。

【営業時間】
9:30~16:30
店舗については→こちら

出荷日カレンダー

赤色の日は出荷をお休みさせていただきます。
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メダカを室内で楽しむ!
飼育のポイントとコツ
メダカを室内で楽しむ!飼育のポイントとコツ

屋外ビオトープでは上から観賞するのが一般的なメダカですが、
その愛くるしい姿は水槽で横から見ても楽しむことができます。
室内水槽でももちろん産卵し、条件によっては年中繁殖させることもできるのです。

愛嬌たっぷりのメダカたちの室内飼育を始めてみませんか?


≪目次≫①室内でメダカを飼育するメリット

②室内メダカ飼育に必要なもの

③メダカ水槽のセッティング

④メンテナンス

⑤よくあるご質問



①室内でメダカを飼育するメリット

室内でメダカを飼育するメリット

メダカを屋外で飼育する場合、寿命は約2年と言われています。
自然界だと更に短く、1年~1年半ほどで、ライフサイクルが短い生き物です。
一方で、室内でメダカを飼育する場合、3年以上生きることもあります。

メダカは急激な気温差で健康状態が悪くなってしまう事があります。
特に日照量が不安定になり雨が多くなる6月と、
気温が急激に下がる冬に体調を崩しやすくなります。

室内飼育の場合、気温と日照量をコントロールすることができます。
日照量と水温の維持ができれば、冬でも産卵をさせたり、稚魚を育てることができます。
さらに、水槽内に水草を植えている場合、水が加温されていれば生長します。

年間を通して日照量・水温を調整することで様々なメリットがあるのです。



②室内メダカ飼育に必要なもの

室内メダカ飼育に必要なもの。

水槽
1リットルに1匹を目安に選びましょう。
初心者の方は30×30cm以上のものがおすすめです。

 >>購入は【こちら】

水草
産卵場所、メダカの隠れ家にもなり、メダカが快適に過ごしやすくなります。
 >>水草苗 購入は【こちら】
 >>沈めるだけ!寄せ植え 購入は【こちら】

底石・底土
メダカのストレス緩和、バクテリアの住処になり、水質安定に役立ちます。
水草を植える場合はソイルがおすすめです。

 >>購入は【こちら】

レイアウト用の石、流木
水槽の雰囲気が自然になるほか、メダカの隠れ家にもなります。
 >>購入は【こちら】

フィルター・エアレーション
水を攪拌し、酸素を供給するほか、
フィルターの場合は水をろ過し、水をきれいに保ちやすくなります。
後述のヒーターを使用する際は必須です。


ヒーター
室内ではある程度水温変化が少なくなりますが、冬の温度管理にはヒーターが必要です。
ヒーターを使用する際は、フィルターやエアレーションなどで水流を作り、
水が攪拌された状態で使うようにしてください。

 >>購入は【こちら】
★ポイント★メダカは26~28度で盛んに繁殖行動を行うと言われています。
26度以上に設定できるヒーターがおすすめです。

水温計
水温管理をする場合は必需品です。デジタルタイプが見やすく、おすすめです。
 >>購入は【こちら】

照明
室内は日照不足になりやすいです。
日照は水草の生長を助けるだけでなく、メダカの健康も維持する働きがあります。

 >>購入は【こちら】
★ポイント★メダカは日照時間が13時間以上あると盛んに繁殖行動を行うと言われています。
日照時間に合わせてライトを併用すると良いでしょう。

エサ
屋外の場合、冬眠状態になるとエサを食べなくなりますが、
室内水槽では水温がおよそ10度以上になる場合はエサを求めて水面を泳ぎます。
様子を見ながらエサやりをしましょう。

 >>購入は【こちら】

中和剤(カルキ抜き)
水道水には塩素が含まれています。一晩汲み置きするか、
塩素中和剤を使いメダカに無害な水にしてあげる必要があります。
中和剤を使ってあげると、水草にも優しいです。

 >>購入は【こちら】

>>詳しいメダカの生態や飼い方はこちら
メダカの飼い方

③メダカ水槽のセッティング


水平な場所に水槽を設置します。
強度があり、水平な場所に水槽を置きます。


底土・底石を敷きます。
底石を敷きます。
浄化石などは3cmほど敷きます。

ソイルなどを敷いて水草を植え込む場合は、
4~5cmくらい
少し厚めに敷くと植えやすくなります。


底土に傾斜をつけます。
奥から手前に傾斜をつけると、
奥行きのあるレイアウトに仕上がります。

底土に傾斜をつけます。


水を注ぎます。
底石(ソイル)を巻き上げないように水を溜めます。
★カップやビニールなどを当てて注ぎます。


石をレイアウトします。
石をレイアウトします。
(底土を入れる前に予め組んでおく方法もあります。)


水草を植えます。
植物を入れる場合、植物を植えます。
水草アクアリウム用の水草
>>水草選び・植え方については【こちら】

水草を植えます。

水草を植えます。
●ヒーターを設置する場合
 この段階でヒーターをセットし、電源を入れます。
 水草や石の陰になるところに設置すると目立ちにくいです。
ヒーターを使用する際は水を攪拌させましょう。 ※ヒーターを入れる際は水を攪拌してご使用ください。
(フィルターやエアレーションを一緒に付けてください。)


水合わせをします。
水合わせをします。
まず、メダカを袋や容器のまま浮かべ、
そのまま30分程水温を合わせます。

水槽の水を少し入れ、
再び10分程浮かべたままにします。
この作業を2~3回繰り返します。


メダカ水槽の完成です。
最後にメダカを放ち、完成です。

エサは翌日から与えるようにしましょう。

④メンテナンス

水替え
水槽メンテナンス
週に一回、全体の3分の1~4分の1量を目安に換水します。
コケなどが生えている場合は水替え前に汚れをこすり、水槽の半分ほどを換水します。
こまめに水換えを行うと、コケなどの汚れを未然に防ぎ、メダカに優しいです。

水道水には二酸化炭素が多く含まれており、
こまめな水換えによって、水草の光合成に必要な二酸化炭素を供給することもできます。
水換えには中和剤を用いてカルキ抜きをした水を使いましょう。


⑤よくあるご質問


Q、コケや藻が出てきました。
A
、コケ・藻が出るのは多少は仕方がないことですが、
  主な原因は日当たりが非常によい、エサ・肥料の与えすぎ
  または肥料やソイルに含まれる養分が水に溶けだしているということがあります。

  藻が出た時の掃除方法は、割りばしなどを使ってくるくると巻きつけると
  取り除くことができます。

  <予防について>
  照明の点灯時間の調整が必要になります。
  窓から入ってくる太陽光、
  水槽用ライト消灯後の室内光もコケ発生に影響します。
  
  また、小まめな水換えで余分な栄養分を出すことで、
  コケの発生を抑えやすくなります。

  タニシなどのコケを食べる生き物を入れるのも有効な方法です。

Q、飼っていないはずの巻貝が出てきました。
A、一般的に「スネール」と呼ばれ、
  水草を購入した際に卵が付いていた可能性があります。
  巻貝の卵は、ジェル状の塊の中に沢山つぶつぶが入っています。
   (コケ取り要因として重宝されるヒメタニシは卵を生みません。)
  出てきた巻貝は、メダカ達に害はありませんが、
  繁殖力が強く気が付くと景観を損なうほどに増えている
  ことも多いです。時には水草への食害もあります。
  卵や貝を見つけ次第取り除きましょう。

水草その前に 『水草その前に』
農薬・貝類の卵を除去できます。
 >>購入は【こちら】

Q、水草が枯れてきました。
A、まず、水草が健康に育つ条件として、
  「光」「二酸化炭素」「栄養」のバランスが重要です。
  栄養を作るための光合成がうまくいっていない事が考えられます。
  「光」「二酸化炭素」のどちらか一方のバランスが悪いと光合成がうまくいきません
  室内水槽の場合、特に日照不足になりやすいため、
  照明や置き場所で光量を確保しましょう。

  水質も大きく影響します。
  長期間に渡り水換えや掃除を行っていない場合、
  水質悪化により根元から腐ってしまうことがあります。

  また、水温が極端に低水温・高水温の場合、
  水草の適温になっていない場合は枯れてしまうことがあります。



Q、メダカが突然死してしまいました。
、メダカの突然死の原因で多いものとして、水質の急変によるショックがございます。
同時に複数のメダカが死んでしまった場合ですと、特に水質が原因と考えられます。

■導入してすぐの頃の場合(導入後一か月以内)
pH(ペーハー)が異なる水に適応できず、死んでしまうケースがございます。
メダカは比較的丈夫な魚として適応範囲は広いほうですが、急変には敏感です。

水合わせ作業をゆっくりと行えば適応できる変化だと思います。
投入前に時間をかけることと、ビオトープの立ち上げからメダカ投入まで少し日にちをとります。
水も安定してある程度バクテリアなどが定着した状態ですと、
安全にメダカを入れることができるのではないかと思います。


■飼育してしばらく経っている場合
気温差が激しい時期はメダカが体調を崩しやすくなります。
特に日照量が不安定になり雨が多くなる6月と、
寒暖差がある、厳しいに体調を崩すことが増えます。

屋外飼育で雨が当たる場合、
強い雨・長い雨の後は鉢内の水質が変わってしまうことも考えられます。



>>他、メダカに関する疑問点などはこちらをご覧ください。
メダカの飼い方


7件中 1-7件表示
7件中 1-7件表示