ハスやスイレン、カキツバタ、メダカの為の水草など300種類以上の水生植物を生産販売しております。

水生植物専門 カキツバタ ハス スイレン 水草 生産 販売 杜若園芸 京都の水で大切に育てた水生植物をお届けいたします。

農林水産大臣賞 受賞 京都府知事賞 受賞 首相官邸庭園水辺監修
京都迎賓館水生植物施工管理 全国農業コンクール名誉賞 受賞
お気軽にお電話下さい
お電話でもご注文を受け付けております。 
☎ 0774-55-7977
平日 9:00~17:00 (土日祝を除く)
 
杜若園芸 直売店 メディア情報 お買い物に関するQ&A よくあるご質問 水生植物Q&A

商品キーワード検索


商品一覧



水生植物のすべてがわかる!水生植物ビオトープの教科書 小さなウォーターガーデニング youtube おすすめ情報や育て方 メールマガジン Instagram インスタグラム facebook フェイスブック ときどき更新!twitter ツイッター

■WEBショップ営業日
平日 9:00~17:00
(インターネット注文は 24時間受付)

■出荷定休日
土・日・祝
(臨時休業あり)
生産直売店は土・日・祝も 開店しております。

【営業時間】
9:30~16:30
店舗については→こちら

出荷日カレンダー

赤色の日は出荷をお休みさせていただきます。
2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
杜若園芸 とじゃくえんげい 緑のじゅうたん、水草の草原ビオトープ

~緑のじゅうたんと空中メダカ~


水中で植物が一面に育った“緑のじゅうたん”は、
ビオトープやアクアリウムにおいて今や憧れの存在となっています。

しかし、びっしりと隙間のないじゅうたん状に育てるには、
時間がかかりそうだし、なんとなく難しそう…という声も少なくありません。


今回、杜若園芸がおすすめするのが
「ニューラージパールグラス」という水生植物です。
やわらかいライトグリーンが見た目にもさわやかで、
丸い葉が密に育つ様子が可愛らしいです。

特徴は上に伸びず、匍匐しやすい性質を持っているということ。
上に伸びて横にまったく広がらない…という失敗が起きにくいのです。

苗から育てると特に育てやすく、
初心者の方でもカンタンに育てることができます!

緑のじゅうたんの上をメダカがすいすいと泳ぐと、
それはまるでメダカが草原の上空を泳いでいる様です。

空中メダカとさわやかな緑のじゅうたんは、
心を和ませ、涼やかにしてくれること間違いなしです!


☆送料込み価格☆ 緑のじゅうたんビオトープキット - プラ製鉢(大)

商品番号 set-1045
販売価格 ¥ 5,570 消費税込 ¥ 6,127
送料込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

表示価格は送料込み価格です。
※北海道・沖縄は除きます。

※他商品との同梱はできません。
※こちらのセット以外の商品を同時にご購入の場合、別途送料を頂戴いたします。

プラ製鉢で作る緑のじゅうたん

軽くて扱いやすいプラ製鉢です。

広々とのびやかに植物が繁茂した広大な草原が楽しめます。


プラ製鉢 セット内容 <セット内容>
・プラ製水鉢(大) … 1鉢
・ニューラージパールグラス … 3ポット
・植え込み用赤玉土 … 1鉢分
・流木 … 2個


<鉢サイズ>
直径46cm
高さ19cm

☆初めてでも安心!☆
作り方&管理方法
説明書付きです!!


【よくあるご質問】

Q、暑さでメダカが死んでしまうことはありますか?

A
猛暑期は水温が急上昇しやすく、メダカに影響が出る場合がございます。
  直射日光が当たらない避けて置いていただいたり、
  すだれをかけていただくなど、対策をとっていただけますようお願いいたします。
  特にプラ製鉢の黒色は熱を集めてしまうことがあるため、半日陰の場所がおすすめです。


Q、植物に追肥をする際、メダカに肥料の影響はありませんか?

A使用する肥料によって変わるので一概に大丈夫とは言い切れませんが、
  
量や使用方法に気を付けていただくことで、メダカに影響なくご使用いただけます。
  緩効性タイプの化成肥料を使用しています。
  ⇒当社農場にて使用している化成肥料はこちら
  
  肥料を与える際は、植物を植えている土の中にしっかりと埋め込み、
  水中に肥料が溶け出さないようにします。
  それでも心配な場合は一度メダカを別の容器に避難させて、
  1日~1週間ほど経ってから戻してあげましょう。

  エビなどの生物を一緒に入れる場合、
  甲殻類は特に敏感なため、肥料の使用には注意が必要です。



おすすめ商品

前へ
次へ

©2020 tojaku All Rights reserved.