農林水産大臣賞 受賞 / 京都府知事賞 受賞 / 首相官邸庭園水辺監修 / 京都迎賓館水生植物施工管理 / 全国農業コンクール名誉賞 受賞

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
お気軽にお問い合わせください

電話アイコン 0774-55-7977 電話受付:平日9:00~17:00(土日祝を除く)

作業時期は、4月~8月の間に行われるのがベストです。
あまり、発芽させる時期が遅いと、株が成長しきれずに
冬に入ってしまい、枯れてしまいます。

- ハスを種から育ててみましょう -

苗(レンコン)から育てるのも良いですが、
種を発芽させて、一から育てるのも面白い! 
種は下の画像のハスから収穫したものです。

【5袋までメール便対応】蓮たねものがたり-淮海粉蓮(わいかいふんれん)

商品番号 set-th276
販売価格 ¥ 600 消費税込 ¥ 660
在庫数 36
写真の品種から採取された種には間違いありませんが、写真と同じ花が咲くとは限りません。あらかじめご了承ください。


蓮を種から発芽させて開花までの道のりの動画です。
うまくいけばその年のうちに開花することもあります!


---------- セット内容 ----------
発芽用 袋 : 1枚
ヤスリ : 2枚
種 : 1個(プラス1個は予備です)
説明書 : 1枚

----------- 特徴 -----------
 
ハスを種から育てる準備キットです。

杜若園芸の農場で、大切に育てた蓮の種をお届けいたします。

自然環境下で栽培しているため、他の品種と交配している可能性があることをご容赦下さい。

もしかすると写真とは違った花が咲くこともありますが、
それもまた面白い!
夏休みの自由研究などにも最適です。
自分だけの花蓮を栽培してみませんか。

作業時期は4月~8月の間に行ってください。

 
※花が咲くのは植え付けの翌年です。

発芽して10~14日後、小さい浮き葉が出てきますので、この頃に鉢に植え付けて下さい。

植え付けに便利なフルセット
蓮たね植付けキット(プラ鉢) 蓮種植付けキット(陶器鉢)

【発芽のさせ方】
クリックして拡大↓


 2000年前の地層から発見された「大賀ハス」の種が、現代で発芽した時は、「2000年の時を経て、古代のハスが蘇った。」と驚かれました。
このことから、ハスの種は種子の状態での寿命が大変長いことが分かります。
時には2000年もの時を旅するハスの種は、一度乾燥すると簡単には傷つかない硬い果皮に覆われています。
水に浸けて発芽する種子もありますが、ほとんどの種子が、ヤスリなどで傷をつけないと発芽することがありません。


ショップガイド

WEBショップ 営業日

▼WEBショップ 営業時間

平日9:00~17:00

(インターネット注文は24時間受付)

▼出荷定休日

土・日・祝日 (臨時休業あり)

※カレンダーの〔休業日〕は出荷をお休みしております。

カレンダーが表示されない方は年間出荷予定表(別窓)からご確認ください。

お届けまでのSTEP

  • カート 1.ご注文
  • メール 2.メール連絡※
  • トラック 3.商品発送
  • メール 4.発送のご連絡

※2.メール連絡については、下記3件のメールをお送りいたします。
 ①ご注文確認(自動返信)②確定金額のご連絡③お届け日のご連絡

お支払い方法

代金引換・銀行振込(前払い)
クレジットカード・Amazon Pay

クレジットカード一覧

※デビット・プリペイド不可

配送について

ヤマト運輸・ゆうパック・佐川急便

のいずれかで発送いたします。

お届け時間は下記よりご指定可能です。

お届け時間

※地域・大型商品等ご希望に添えないこともございます。

送料について

1ケースごとに送料を頂いております。

箱

送料

箱

送料

※自動返信メールでは120サイズで算出されたものになります。

詳しくはコチラ
メルマガ登録 メルマガバックナンバー
お電話でもご注文を受け付けております!

電話アイコン 0774-55-7977 平日9:00~17:00(土日祝を除く)

お問い合わせフォーム
メールフォーム

©2021 tojaku All Rights reserved.

youtube追従アイコン
カートアイコン カートへ
pagetop